世界クロスカントリー選手権U20(26日、ウガンダ)に、群馬県内長距離界をけん引してきた男女3人の高校生が出場する。  3人は2月の日本選手権ジュニアの部(男子8キロ、女子6キロ)で上位6位以内につけて出場権をつかんだ。初出場となる西山和弥、千明龍之佑の農大二コンビは、初の国際舞台に向け希望に胸を膨らませている。2年ぶり2度目の出場の樺沢和佳奈(常磐)は、日本選手権で逃した日本人トップを目指す。  かばさわ・わかな 1999年3月生まれ。前橋富士見中出身。164センチ、46キロ。  にしやま・かずや 1998年11月生まれ。伊勢崎一中出身。167センチ、53キロ。  ちぎら・りゅうのす...    
<記事全文を読む>