リオデジャネイロ五輪男子三段跳び日本代表の山下航平(橘高卒、筑波大4年)は23日、福島市で講演し、「世界で勝負するために当たり前にできることのレベルを上げていきたい」と東京五輪への意欲を語った。

 山下は県体協の特別賛助会報告会で「リオそして東京」と題して講演。リオ五輪について、飛行機による長時間の移動や現地の食事など普段と異なる環境にストレスを感じ、「気付いたら帰国していた」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>