2020年東京五輪・パラリンピックで、ポーランドのホストタウンに登録されている上山市は21日、リオデジャネイロ五輪男子マラソン代表の石川末広選手(ホンダ)を講師に招いたスポーツ教室を上山北中で開いた。市内3中学校の生徒約40人が参加し、オリンピアンの練習手法などを学んだ。

 37歳の石川選手は、腹筋や背筋、太ももなどの筋肉を鍛えるサーキットトレーニングを解説し、「速さよりも動きを正確に」などとアドバイス。股関節と肩甲骨をうまく動かすためのトレーニングなども指導した。石川選手は参加者からの質問に答え、「準備を大切にしていることが、37歳で続けていられる理由の一つ」「長距離は努力すれば伸びる...    
<記事全文を読む>