陸上の世界選手権(8月、ロンドン)のマラソン日本代表に選ばれた男子の井上大仁(MHPS)、川内優輝(埼玉県庁)、中本健太郎(安川電機)と、女子の安藤友香、清田真央(ともにスズキ浜松AC)、重友梨佐(天満屋)が20日、都内で記者会見した。

 チームメートでもある安藤と清田は「互いに刺激し合って、世界に挑みたい」と意気込んだ。安藤が豊川、清田は中京大中京とともに愛知の高校出身。23歳のライバル同士は普段の練習から競い合ってきた。「一緒に常に世界を意識していく」と清田。安藤も「一人ではなくチームとして力を合わせ、海外の強豪選手と戦いたい」と話した。

 2人とも2000年シドニー五輪金メダリストで...    
<記事全文を読む>