久喜市内で19日、「第2回よろこびのまち久喜マラソン大会」(久喜市など主催、埼玉新聞社後援)が開かれ、4184人が参加した。ゲストとして、8月にロンドンで開かれる世界選手権の男子マラソン代表に決まった市内在住の川内優輝選手=県庁=がハーフマラソンの部に出場。決定直後の大会とあって、沿道からは「世界陸上頑張れ」などの声援が川内選手に送られた。

 この日は汗ばむほどの快晴だったが、スタート・ゴール会場は砂ぼこりが舞う強風。地元の川内選手も「行きも帰りも向かい風だった」と驚いていたが、難なくトップの1時間5分3秒でゴールした。

 出発前、川内選手は「今回のコースは(母校の)鷲宮中学校前を通る。吹...    
<記事全文を読む>