フルマラソンと同じ42・195キロをたすきでつなぐ「合志市カントリーパークリレーマラソン2017」(ウエルネスシティこうし主催、合志市、熊日共催)が19日、同市栄の県農業公園で開かれた。小学4年生以上の120チーム、約1100人が健脚を競い、爽やかな汗を流した。

 友人や家族でつくる一般と職場仲間、シニア(50歳以上)、ジュニア(半数以上が小中学生)の4部門。1チーム4~21人で編成した。

 1周2キロを21周。前半は小高い丘、後半は芝生広場の周辺部と、高低差のあるクロスカントリーコース。ランナーは仲間の声援を受け、思い思いのペースで走った。全員で手をつないでゴールするチームも目立ち、笑顔...    
<記事全文を読む>