日本陸連は17日、世界選手権(8月・ロンドン)のマラソン代表計6人を発表した。

 福岡国際3位で30歳の川内優輝(埼玉県庁)、東京マラソンで日本勢最高の8位となった24歳の井上大仁(MHPS)、女子は初マラソンだった名古屋ウィメンズで日本歴代4位の2時間21分36秒を出して2位に入った23歳の安藤友香(スズキ浜松AC)らが名を連ねた。井上、安藤は初出場。同日の理事会で決めた。

 その他男子は、別府大分毎日を制した34歳、中本健太郎(安川電機)。女子は大阪国際優勝で29歳の重友梨佐(天満屋)、名古屋ウィメンズ3位で23歳の清田真央(スズキ浜松AC)が選ばれた。

 川内は「責任を感じるとともに、...    
<記事全文を読む>