26日に開かれるとくしまマラソン2017(徳島県、徳島市、徳島陸協、徳島新聞社など主催)を前に、ランナーと一緒に走りながら安全を確保する警察官「エスコートポリス」が16日、不審者対応訓練を徳島市の県警機動隊で行った。

 当日走る18人中17人が参加し、ナイフを持った不審者がコースで暴れているとの想定で実施。不審者役の警察官を素早く取り囲んで取り押さえ、沿道で応援する人たちを避難誘導する手順を確認した。

 リーダーの白川智也警部補(40)は「ランナーや周囲にしっかりと目を配り、安心して走れるようにしたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>