東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で3連覇し、大学駅伝3冠も達成した青山学院大陸上部が16日、大分市での春季合宿のため県入りした。昨年に続いて2回目。23日まで大分スポーツ公園で練習する。

 部員とスタッフ計約50人が大分空港(国東市)に到着。ファンや空港利用者約60人が見守る中、県や大分市、大分陸上競技協会で組織した実行委員会が歓迎式典を開き、花束や記念品を贈った。

 吉永竜聖主将(21)は「昨年、大分合宿で良い練習ができたからこそ、大学駅伝3冠と箱根駅伝3連覇を達成できた。また1年後、良い報告ができるよう頑張りたい」とあいさつした。

 部員を一目見ようと訪れた日田市の佐藤実樹さん(18)...    
<記事全文を読む>