昨年12月の全国高校駅伝女子で2位に躍進した西脇工で主将を務めた3年生2人が巣立ちの春を迎えた。早大に進学し、スポーツ用品大手ナイキの中距離専門プロジェクトチームに入る高橋ひなと、実業団の強豪ワコールに進む南美沙希。苦楽を味わった3年間を糧に、新天地で羽ばたく。(井川朋宏)

...    
<記事全文を読む>