8月にロンドンで行われる世界陸上選手権の女子代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが12日、名古屋市東区のナゴヤドーム発着で行われ、安藤友香(スズキ浜松AC、日新中出)が日本歴代4位で初マラソン日本最高の2時間21分36秒を出し、日本勢最高の2位となった。2003年の大阪国際女子マラソンで坂本直子が記録した2時間21分51秒を更新した。

 岐阜県海津市出身の安藤は22歳で、愛知・豊川高OG。最終選考のレースで初の世界選手権代表を決め「うれしい。さらに磨いてしっかり世界で戦えるように頑張る」と話した。

...    
<記事全文を読む>