世界陸上選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが12日、ナゴヤドーム発着の42・195キロで行われ、安藤友香選手(22)=スズキ浜松AC=が日本歴代4位となる2時間21分36秒の好記録で日本勢トップの2位に入り、女子代表に内定した。

 安藤選手は日本陸連が定める派遣設定記録を破り、初マラソンの日本最高記録も更新した。

 同じスズキ浜松AC所属の清田真央選手(23)が2時間23分47秒で3位。ユニスジェプキルイ・キルワ選手(32)=バーレーン=が大会新記録の2時間21分17秒で3連覇した。

...    
<記事全文を読む>