2009年にわずか部員3人でスタートした園田女大陸上部が、創部10年足らずで急成長している。近年は部員が100人前後に上り、日本学生対校選手権(日本インカレ)で多数が入賞。3月には新たなグラウンドが完成して練習環境が向上し、3年後の東京五輪へ日本代表選手の輩出が期待される。(井川朋宏) 系列の園田高は陸上の強豪校で、大学での継続的な育成を目指して創部した。1988年から同高で指導してきた藤川浩喜監督が大学の監督に就いて部員が増加。2014年の日本インカレでは女子砲丸投げで福富栄莉奈(現フクビ化学工業)が優勝し、同400メートルリレーで3位に入った。15年と16年はそれぞれ6種目で入賞を...    
<記事全文を読む>