春の丹波路を駆ける「第37回篠山ABCマラソン大会」(兵庫県篠山市など主催、42・195キロ)が5日、篠山市内の篠山城跡マラソンコースであり、8967人が出走した。沿道から温かい声援を受け、出走者の約80%、7164人が制限時間内に完走した。(中西幸大) 日本陸上競技連盟公認のコースで、篠山城跡周辺を発着点に市内を東西に走る。各地の陸上競技協会登録者と未登録者を男女で分けた4部門で競った。

 この日のスタート直後の気温は11・5度、ランナーたちは春らしい日差しを浴び、青空の市街地や郊外を気持ち良さそうに駆け抜けていった。また、過去最多の1555人が応募したボランティアも吹奏楽の演奏や水の...    
<記事全文を読む>