5日に行われた「びわ湖毎日マラソン」で、日本勢最高の4位でゴールした佐々木悟(旭化成)に対し、秋田県内からは「悪いなりによく踏ん張った」などとねぎらう声が聞かれた。

 秋田工高時代の恩師、大友貴弘監督(60)=同校教=は「結果は残念だが、立て直した点には日の丸を背負った者の意地がみえた。アクシデントがあっても諦めずに走る姿勢は、若い選手に刺激を与えたはず」と評価した。

...    
<記事全文を読む>