鹿児島マラソン2017(鹿児島市、鹿児島陸上競技協会など実行委員会主催、南日本新聞社など共催)は5日、鹿児島、姶良の両市で開かれた。2回目の大会にはフルマラソン、ファンラン(8.9キロ)に計1万2241人が出走。時折強く降る雨の中、ランナーは市街地を駆け抜けた。

 1万152人が出場したフルマラソンは9130人が完走した。男子は招待選手の飛松佑輔選手(25)=日置市、鹿児島城西AC=が2時間15分32秒で初優勝。女子は崎浜絵美選手(26)=曽於市、ナンチク=が2時間48分22秒で制した。

...    
<記事全文を読む>