静岡マラソンは5日、静岡市役所静岡庁舎からJR清水駅前までの42・195キロのコースで行われた。男子総合はギザエ・マイケル・ムゴが2時間11分40秒の大会新記録で連覇。2位の鈴木忠とスズキ浜松AC勢が1、2位を独占した。青学大の小田俊平が3位に入った。

 ■スズキ浜松ACがワンツー スズキ浜松AC勢がレースを引っ張り、ワンツーフィニッシュした。

 37キロ付近でスパートをかけた前回王者ギザエが強さを見せた。2時間12分59秒の自己記録を1分以上更新し、再び頂点に立った。年末年始はケニアに帰国してロンドン五輪1万メートル代表のカロキ(DeNA)らと練習してきた。「コンディションが良かった。1...    
<記事全文を読む>