陸上の世界選手権(8月・ロンドン)男子代表最終選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンは5日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、リオデジャネイロ五輪代表の佐々木悟(旭化成)が2時間10分10秒で日本勢最高の4位に入ったが、代表入りは厳しくなった。エゼキエル・キプトー・チェビー(ケニア)が2時間9分6秒で優勝した。

...    
<記事全文を読む>