岩国市麻里布中出身の陸上短距離選手で、日体大3年の君嶋愛梨沙選手(21)が、今冬から始めたボブスレー女子2人乗りの日本代表として好成績を続けている。昨年12月のヨーロッパカップで優勝し、2月の世界選手権(いずれもドイツ)では7位入賞と、男女を通じて日本勢の過去最高成績を収めた。競技関係者は来年の韓国・平昌五輪へ大きな期待を寄せている。

...    
<記事全文を読む>