昨年10月に開催された「第1回水戸黄門漫遊マラソン」で、コース沿いでの応援や仮装姿での参加で大会を盛り上げた人たちを投票で選ぶユニークな「グッドエール&ナイスコスプレコンテスト」の表彰式が2月27日、水戸市中央1丁目の市役所臨時庁舎で開かれた。ウルトラマン姿で参加したランナーなど計25の個人・団体・企業が表彰を受け、高橋靖市長から大会の成功に一役買った功績をたたえられた。コンテストは、沿道から声援を送った人を「グッドエール」、仮装してコースを駆けた出場者を「ナイスコスプレ」にそれぞれ区分して写真を募集。寄せられた計89点の作品について、昨年12月にインターネット投票を実施した。得票率に...    
<記事全文を読む>