2014年アジア大会陸上女子1万メートル銅メダリストの萩原歩美(24)=常葉菊川高出=がユニクロから豊田自動織機に移籍することが28日、分かった。

 萩原が新天地で20年東京五輪マラソンのメダル獲得を目指す。14年以降はけがなどで不調続きだったが、マラソン転向に向けレベルの高い環境を求め、移籍を決断した。

 愛知に拠点を置く豊田自動織機女子陸上部は全日本実業団対抗女子駅伝の優勝経験もある強豪。高校の後輩でもある山本菜緒、御殿場富士岡中出身の島田美穂らトップランナーが多く所属する。11年世界陸上女子マラソン5位入賞した赤羽有紀子の夫で同選手を指導した赤羽周平氏がコーチを務めている。

 萩原は静...    
<記事全文を読む>