日本陸連は28日、世界クロスカントリー選手権(3月26日・ウガンダ)の代表を発表し、U20(20歳以下)男子(8キロ)で吉田圭太(広島・世羅高)らが入った。シニア(10キロ)は女子で日本選手権を制した一山麻緒(ワコール)らが名を連ね、男子は日本選手権2位の東遊馬(九電工)らが選ばれた。

...    
<記事全文を読む>