バスケットボールの第30回都道府県対抗ジュニア大会最終日は30日、東京体育館で準決勝と決勝を行い、男子の神奈川が4年ぶり5度目の優勝を飾った。

 中学1、2年生が参加する大会で、神奈川は主将の田中力(坂本中2年)を軸に高い得点力を発揮。準決勝は東京Aを68-55で下し、決勝では長崎に59-57で競り勝った。

...    
<記事全文を読む>