北海道は直近の新潟、千葉との2カード4試合いずれも、得点、失点とも80点以上のハイスコアの戦いを演じている。点の取り合いは北海道のペース。仙台は堅守でリズムを乱したい。

 警戒するのは日本代表フォワードの西川だ。196センチの長身で走力があり、腕も長い。ジャンプシュートが持ち味で、1試合平均得点はチーム日本人トップの12。19日の新潟戦では31点を挙げるなど、北海道の攻撃をけん引する。

 仙台には西川を止めてきた実績がある。仙台との3試合(残り2試合はけがで欠場)で平均11.7得点を許したが、フィールドゴール成功率は29.7%にとどめシュートミスを誘ってきた。

 多彩なセットプレーを持ち、ハ...    
<記事全文を読む>