男子 準決勝敗退 春の全国中学生ハンドボール選手権大会(北陸中日新聞など後援)は二十九日、準決勝と決勝が氷見市ふれあいスポーツセンターであり、県勢の氷見北部女子(開催地)は決勝で原川(大分)に惜敗して初優勝を逃し、氷見北部男子(開催地)も準決勝で敗れた。

 氷見北部女子は準決勝で住吉第一(大阪)と対戦。互いに攻めきれない中、確実に得点を重ねて21-13で制した。決勝は原川に先制するも連続得点を許し、主導権を握れないまま前半が終了。後半は流れをつかみかけたが、速攻を重ねた原川に逃げ切られ、18-20で敗れた。

 氷見北部男子は、準決勝で大体大浪商(大阪)と前半から一進一退の攻防を繰り広げ、...    
<記事全文を読む>