バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は26日、各地で第24節を行った。中地区6位の信州ブレイブウォリアーズは松本市総合体育館で同1位の西宮ストークスと対戦し、62―94で大敗した。今季ワーストに並ぶ9連敗となった信州の通算成績は11勝37敗。プレーオフ進出の可能性は既に消滅している。

 信州は第1クオーター(Q)に厳しい守備で流れをつかみ6点をリードしたが、第2Qは攻撃が停滞し、逆転された。後半は西宮の外国人選手の高さに押されて点差を広げられた。

 信州は4月1、2日に千曲市戸倉体育館で中地区5位のバンビシャス奈良と対戦する。

...    
<記事全文を読む>