1部は9試合を行い、東地区4位のレバンガ北海道は、船橋アリーナで同3位の千葉と対戦し、90―101で敗れた。通算成績は17勝30敗で順位は4位のまま。

 西地区首位の三河は大阪を100―94で振り切って37勝10敗とし、地区優勝を決めた。東、中と合わせた3地区で一番乗り。8チームで年間王座を争うプレーオフのチャンピオンシップ進出は川崎、栃木、A東京に続いて4チーム目。

 レバンガは、第1クオーターから18―32と劣勢を強いられ、その後も千葉の多彩な攻撃の前に失点を重ねた。次戦は31、4月1日にカメイアリーナ仙台で、仙台と対戦する。

...    
<記事全文を読む>