バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は25日、福島県郡山市の郡山総合体育館などで9試合が行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは終盤に猛攻を見せ、同地区2位の福島を83-75で破った。連敗を5で止め、通算11勝36敗とした。福島は26勝21敗。

 岩手は前半を終え28-38とリードを許したが、第3クオーターでG永田晃司が13得点を挙げるなど2点差に詰め寄り、第4クオーターは残り約2分から11連続得点で逆転し、一気に突き放した。

 岩手は26日も同体育館で福島と対戦する。

...    
<記事全文を読む>