東地区6位、リーグ16位の仙台は25日、宇都宮市のブレックスアリーナ宇都宮で地区首位の栃木に53-86で敗れ、通算12勝34敗とした。

 地区5位、リーグ15位の秋田は東京・代々木第二体育館で地区2位のA東京に60-78で敗れ通算13勝33敗。秋田の順位は変わらないが、仙台は勝率で並んだ富山との直接対戦の得失点差によってリーグ17位に後退。富山が16位。

 栃木とA東京は川崎に続き年間王者を争うチャンピオンシップ進出を決めた。

 地区3位の千葉は北海道に98-88で勝ち、32勝14敗、中地区首位の川崎は新潟を84-65で下して38勝8敗。

 仙台、秋田は26日も同じ会場で同じ相手と戦う。両チー...    
<記事全文を読む>