バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は25、26の両日、横浜市の横浜国際プールで横浜ビー・コルセアーズ(中地区5位)と対戦する。リーグ終盤戦に突入する中、同地区の下位チームを相手に連勝を期す。

 富山の選手たちの調子は上がっている。宇都は19日の仙台戦で、Bリーグで初めて得点、リバウンド、アシストの3部門で2桁をマークする「トリプル・ダブル」を記録。岡田とウィラードも19得点し勝利に貢献した。仙台に敗れた18日も、小原が約20分間の出場で2ポイントシュート成功率100%の10得点に加え、6リバウンドを挙げて存在感を発揮した。

 横浜には元日本代表の川村のほか、...    
<記事全文を読む>