菊池が日本代表センターの竹内に挑む。栃木との過去4戦で主に竹内と相対した日本国籍取得選手の坂本は腰のけがで離脱しており、今回は菊池が止める役割を担う。「気を付けるのはリバウンド。竹内さんを5リバウンド以下に抑え、自分はそれ以上取る」と力強い。

 ゴール下の争いで、竹内の腕を当てて体の重心を崩しにくる動きを警戒する。「こちらは脚を動かしバランスを保ち、相手とゴールの間に体を入れる動きを徹底する」と意気込む。

 チームは栃木に全敗。それでも、菊池は「(リーグ全体で17位の)富山が栃木に1勝している。自分たちのバスケを貫けば何とかなる」と金星を狙う。

...    
<記事全文を読む>