宇都宮市は、国際バスケットボール連盟(FIBA)が主催する三人制バスケットボールの世界大会「FIBA 3×3 ワールドツアーマスターズ」を、七月に市街地の特設会場で開催すると発表した。初開催した昨年の成功が評価された。大観衆で街中が再び熱狂に包まれることが期待される。(藤原哲也) 市によると、八カ国十二チームが参加した昨年は、試合があった二日間に六万七千人が来場。百十八カ国がテレビ中継し、動画サイトの視聴回数は約三十三万回に達した。消費や広告などで約三億円の経済効果があったという。

 今年も宇都宮二荒山(ふたあらやま)神社参道とバンバ市民広場に特設会場を設ける。世界ランキング上位チームと...    
<記事全文を読む>