シーズン終盤に入った男子プロバスケットボールBリーグ1部で戦う三遠ネオフェニックスの浜武恭生社長や選手らが21日、浜松市役所を訪れ、鈴木康友市長に浜松アリーナ(東区)で行われる今季最後のホーム2連戦に向けて意気込みを語った。

 2016年9月に新たに開幕したBリーグで、チームは全60試合中15試合を残して中地区2位につける。優勝をトーナメントで争うチャンピオンシップに進むには各地区2位以上が条件になるため、25、26日に地元で行う3位SR渋谷との直接対決が重要となる。

 浜武社長は「まずはしっかりチャンピオンシップ出場権を確保したい」と語り、藤田弘輝ヘッドコーチは「ひたむきにボールを追いか...    
<記事全文を読む>