第43回全日本クラブバスケットボール選手権最終日(20日・前橋市ALSOKぐんまアリーナ)男子で北信越1位代表の石川ブルースパークスは準決勝で関東1位代表のRBC東京を81―74、決勝で九州3位代表のHAWKS(福岡)を84―65でそれぞれ破って、初優勝を果たした。

 決勝で敗れた昨年の雪辱を期す石川ブルスパは準決勝の第3クオーターを終え、5点ビハインドの苦戦を強いられた。しかし、最終の第4クオーターで一気に巻き返し、7点差で逃げ切った。

 決勝では、第3クオーターを終えて26点の大量リードを奪い、第4クオーターで点差を縮められたものの、19点差で栄冠をつかんだ。

 準決勝でネイサン・ストゥ...    
<記事全文を読む>