1部は8試合を行い、東地区4位のレバンガ北海道は旭川市総合体育館で中地区4位の新潟と対戦し、延長戦の末93―89で制した。通算成績は17勝28敗で順位は変わらない。

 レバンガは西川が31得点と活躍したのをはじめ、ミラー、多嶋、ソープ、野口がいずれも2桁得点。第4クオーター終了間際に西川の3点シュートで81―81の同点とすると、延長はミラーやソープの得点でリードを広げた。

 レバンガは次節の25、26の両日、船橋アリーナで東地区3位の千葉と対戦する。

...    
<記事全文を読む>