プロバスケットボールB1第24節は18日、各地で交流戦8試合を行い、東地区首位の栃木ブレックスは大津市のウカルちゃんアリーナで西地区最下位の滋賀と対戦。第4クオーターで34点を奪い、最大21点差を逆転する戦いを見せ、82-80で辛勝した。

 通算成績は36勝9敗でチャンピオンシップ(CS)進出へのマジックは1となった。

 ブレックスは序盤、相手の勢いに押され、得点を奪えない時間帯が続いた。第3クオーターに6本の3点シュートを許すなどし、48-65と窮地に。だが、最終クオーターにロシターの連続バスケットカウントや遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュートで猛追。残り1分で遠藤がシュートを決め...    
<記事全文を読む>