仙台はリーグ17位富山から連勝を逃し、残留プレーオフ圏外の14位横浜とは3勝差のまま。プレーオフ回避が厳しくなり、主将志村は「勝たなければいけない試合だった」と悲壮感を漂わせた。

 第2クオーターが勝負を分けた。外のジャンプシュートを簡単に打っては外し、速攻を受ける悪癖が出た。富山の守備がゾーンから、外の選手にも激しく体を寄せるマンツーマンに変わり「錯覚でプレッシャーを必要以上に感じ、アタックできなかった」(間橋監督)。石川が前日の試合で左足を負傷しこの日は欠場。ドライブが得意な石川を欠いたのも痛かった。

 代わって出場時間を伸ばした志村は、今季自身初の2桁となる10得点と意地を見せた。し...    
<記事全文を読む>