バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)で西地区首位の島根スサノオマジックは18日、雲南市三刀屋文化体育館アスパルで第45戦を行い、西地区5位の香川ファイブアローズを80-64で下し、交流戦後の初戦を白星で飾った。更新中のリーグ連勝記録を「21」に伸ばし、通算39勝6敗とした。

 島根は前半35-36ともたついたが、マンツーマンの守備で要所を締めた第3クオーターで突き放した。左足首捻挫で欠場していた岡本飛竜が3戦ぶりに復帰した。

 第46戦は19日午後1時から安来市民体育館で香川と対戦する。

...    
<記事全文を読む>