仙台の佐藤が1月21日のSR渋谷戦以来の2桁となる11得点で5試合ぶりの勝利に貢献した。第3クオーターに量産し「久々にまとまってシュートを決められてうれしい」と喜んだ。

 2連続も含めて3本決めた3ポイントは「打った瞬間入ると分かったシュートもあった」と好感触。前線から厳しい守備も披露し、相手エースの城宝からスチールしての得点もあった。

 「今回は相手がゾーン守備の中で決めた。マンツーマンで守られても得点したい」。B1残留に向けて苦しい試合が続く中で真価を発揮する。

...    
<記事全文を読む>