東地区6位、リーグ16位の仙台は18日、仙台市のカメイアリーナ仙台で中地区6位、リーグ17位の富山を75-72で下し、連敗を4で止めた。東地区5位、リーグ15位の秋田は名古屋市の愛知県体育館で西地区2位の名古屋Dを70-64で破った。仙台、秋田ともに通算12勝32敗で順位は変わらない。

 中地区首位の川崎のチャンピオンシップ進出一番乗りが決まった。三河に屈して8敗目(37勝)となったが、西地区3位の大阪が横浜に敗れたため、上位8チームに入ることが確定した。

 年間王者を決めるチャンピオンシップは3地区の上位2チームと3位以下の勝率上位2チーム(ワイルドカード)で争われる。

 仙台と秋田は19...    
<記事全文を読む>