バスケットボール男子Bリーグ1部は18日、9試合を行い、東地区4位のレバンガ北海道は旭川市総合体育館で中地区4位の新潟と対戦し、84―96で逆転負け。連勝は4でストップした。通算成績は16勝28敗で、順位は変わらない。

 レバンガは前半を1点リードで折り返したが、後半は新潟のチャップマン、負傷離脱から復帰したガードナーの両外国人選手にゴールを量産され逆転を許した。レバンガは西川が3点シュート5本を含む19得点。ミラーと多嶋も2桁得点したが及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>