バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は18、19の両日、敵地で4連敗中の仙台89ERS(東地区最下位)と対戦する。富山は3月、仙台のほか中地区5位の横浜との試合が組まれている。調子を落としている仙台に連勝し、横浜戦に向け勢いに乗りたい。

 富山はここ4試合で2勝2敗。栃木(東地区首位)や名古屋D(西地区2位)など上位チームから白星を奪った。個人成績でも宇都が1試合平均アシスト数4本でリーグ2位、ウィラードは同リバウンド数9・6本で同5位、水戸はフリースロー成功率88・5%で同3位とそれぞれ上位に食い込んでいる。

 仙台は身長198センチのホワイトや2メートル8...    
<記事全文を読む>