バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区最下位の富山グラウジーズは12日、富山市総合体育館で西地区2位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(名古屋D)に80-70で快勝した。通算成績は10勝33敗で、勝利数を2桁台に乗せた。

 富山は第1クオーターを同点とし、第2クオーターでは体を張ったディフェンスで相手に得点を許さず31-27で前半を折り返した。

 後半も堅守を維持し、第3クオーターには城宝が相次いで3点シュートを決めてチームを勢い付けた。第4クオーターもヴァイニーのリバウンドから得点機をつくり、フリースローで確実に得点を重ね、そのまま押し切った。

...    
<記事全文を読む>