千葉は12日の滋賀戦で5356人の観客が来場し、今季のホームゲームの観客動員が10万人を突破した。10万人到達は今季創設されたBリーグのチームで初めて。

 千葉の大台突破はNBL時代の昨季に続き2度目。23試合目での到達は昨季(28試合目)より5試合早い。島田慎二球団代表は「チームが好調を維持できているのは、会場を赤く染めているブースターの方々の後押しのおかげ。今季目標の13万人到達に向け、さらに頑張りたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>