バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は12日、大田区総合体育館などで交流戦最終戦の9試合を行い、茨城ロボッツは東京Zに61-64で競り負け、クラブ初の4連勝を逃した。通算成績は18勝26敗で順位は東地区5位のまま。

 ロボッツは2点リードで迎えた第4クオーターに逆転を許した。61-64の残り1秒、3点シュート成功率リーグ5位の一色が3点シュートを放つも外れ、万事休した。

 ■オフェンスに問題あるロボッツ・岩下桂太HC 失点を64点に抑えることができたのは良かった。60点台しか得点できていないオフェンスに問題がある。インサイドを封じられてしまい、攻め切れなかった。

...    
<記事全文を読む>