プロバスケットボールB1第23節は12日、各地で交流戦7試合を行い、東地区首位の栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区4位の新潟と対戦、100-62で大勝した。通算成績は34勝9敗。チャンピオンシップ進出へのマジックを4に減らした。

 ブレックスは終始守備が安定した。開始4分まで相手を無得点に抑え、その間、ライアン・ロシターのゴール下や竹内公輔(たけうちこうすけ)の速攻で加点。13-0とスタートダッシュに成功した。25-10で迎えた第2クオーターは攻撃の決定力を欠いたが、守備で粘り42-26で折り返した。

 第3クオーターはロシターや古川孝敏(ふるかわたかとし)...    
<記事全文を読む>