バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は12日、広島市の広島サンプラザホールなどで9試合が行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは西地区2位の広島に66-98で敗れた。3連敗で通算10勝34敗。広島は35勝9敗となった。

 第1クオーターで大量リードを許した岩手は第2クオーターも引き離され、前半を15-49で折り返した。第3クオーターにF千葉慎也の7得点などで差を詰めたが、第4クオーターに再び突き放された。特別指定選手のPG渋田怜音(盛岡南高3年)はチーム最多タイの12得点を挙げた。

 西地区首位の島根は中地区最下位の信州を77-58で下して38勝6敗とした。中地区1位のFE名古屋は東...    
<記事全文を読む>