アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは11日、日光霧降アイスアリーナで7位のハイワン(韓国)と対戦、7-1で勝ち、今季最長の5連勝を飾った。通算成績も24勝23敗の勝ち点69とし、30試合ぶりの白星先行。既にレギュラーリーグ6位は確定している。

 バックスは第1ピリオドにFW彦坂優(ひこさかゆう)、FW第ビッド・ボンク、FW牛来拓都(ごらいたくと)が得点を決め、3点リード。第2ピリオドも主導権を譲らず、FW斎藤毅(さいとうたけし)、FW岩本和真(いわもとかずま)が追加点を挙げた。

 第3ピリオドには、新人DF石川貴大(いしかわたかひろ)のプロ入り初得点などで突き放した。反...    
<記事全文を読む>