バスケットボール男子、B1東地区6位、全18チーム中16位(下位4チームは残留プレーオフ出場)の仙台は11、12の両日、愛知県岡崎市の岡崎中央総合公園総合体育館で西地区首位の三河と戦う。東日本大震災から6年となる11日は震災を経験したチームにとって特別。被災地への思いを力に変え、金星を狙う。

 10日、仙台市のHALEOドームであった前日練習。実戦メニューで、震災当時も仙台に所属していた主将志村が前線から激しい守備を見せ、仲間をもり立てる。「震災のことを考えてもらうきっかけになる大事な試合」と、プレーに気迫がこもる。

 仙台は震災後、bjリーグ2010~11年シーズン途中で活動を休止。運営...    
<記事全文を読む>