次世代エース対決に注目-。バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズは11、12の両日、ホームで名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(名古屋D)と対戦する。名古屋DのSG(シューティングガード)・中東は昨季NBL新人王に輝いた24歳の成長株。富山は同じ24歳のSG・山崎が迎え撃つ。山崎は「同世代には負けられない。相手に仕事をさせない」と闘争心を燃やしている。

 中東はスピードのあるドライブや191センチの長身を生かしたダンクシュートが武器。今季は日本代表の重点強化選手にも選ばれた。

 bjリーグでプレーしていた山崎にとって中東との対戦は初めて。「ゴール下に入れると危ないプレーヤー」とし、...    
<記事全文を読む>